www.stvincenttv.com

-

-

クルマを運転していると、「クルマを使用したままで直ぐ融資可能」などという看板や広告が目に付くことも多いでしょう。こうしたお知らせは、車を担保として融資する広告群であることが多いようです。車担保融資と呼ばれている言葉は、知っていたとしても、実は、どのような融資の方法なのか過度に理解していない人も多いのではないでしょうか。車担保融資とは、それほど有名ではないローンキャッシング方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、車を返済に行き詰った際の保険にすることで、自動車の査定を行い、その額の査定上限の中での融資を原則として行っているはずです。一般の中古車買取専門業者での査定と同じく、古い車や改造車であったりすると、査定額が安くなってしまうことがあるので自動車を担保として融資を受ける時には意識しておくといいと思います。車担保融資は、「乗り物」という手で触れるものを保障として抑える方法ですので、金融業者などでキャッシングがストップしている人でも直ぐに査定限度内でのローンを行えます。そのうえ、銀行や金融業者でのローンには多様な手続きや面倒な審査などがありますが、車という実質資産を使って行うローンキャッシングですから、そういったものが要らないってこともあります。つい最近では、車を担保としてローンを受けても、クルマを今まで通り保持して運転することが出来る車を使った担保融資も増えてきていると思います。また、この融資方法の弱みとしては、自動車の査定内容に融資の限度額次第ですので、乗っている愛車によって、自身が期待する限度額の融資を受けられないということも十分あるようです。自動車を担保としますから、仮に返済そのものが滞ってしまったケースは、即座に愛車を売らなければならないのも、デメリットとなります。自動車が生活で欠かせないものである地域では、クルマを、返済ができなくなった際の保障とするローンキャッシングの手段は、かなりリスクがあるといえると思います。

Copyright © 2000 www.stvincenttv.com All Rights Reserved.